ガンの早期発見って良いの?

癌について、日本自律神経病研究会 名誉理事長である安保 徹 先生の、過去のお話を拝見して、それをたくさんの方に伝えたいと思いブログに書きます。

日本自律神経病研究会 名誉理事長 安保 徹(あぼ とおる) 2016年12月6日 69歳で突然死 (大動脈解離とか陰謀論とも言われている)

 

がんの早期発見。これは誰しもラッキーだと思いますよね。ところが安保先生は、「早期発見が、がんをつくるのだ」と指摘しています。

「私たちは、無理して疲れると休みます。通常、発がんしていたとしても、休養することによって免疫が上がり、がんは消えるものらしいのです。でも、そのタイミングで検診したりすると、早期がんが見つかって、がん患者にされてしまう。(がん保険に入っている人は一時金が出るから早急に保険会社に連絡してください)それに、がん検診の場合、結果が出るまでの数日間、誰でも不安になります。それが大きなストレスになって、がんをつくり出してしまう」らしいです。

さらに安保先生は、「実際に、がん検診を受けたグループのほうが、発がん率が高いというデータも多く、そういうデータは、あまり日の目を見ない。がん検診をする人が増えて、早期発見で見つかっても、がん患者は減らず、かえって増えるばかりだという事実が、がん検診には意味がないということを物語っていると思います」と話しています。言われてみれば私自身もその通りかと思いました。よく、知らないほうが幸せと言われたのを思い出します。

病気をはね返す免疫の力を鍛えるには、手っ取り早く「風邪をひく」こと。風邪をひくとリンパ球とウイルスとが戦うので、治ったあとには免疫が自然と高まる。薬を飲まずに風邪を治せば免疫は高まる。そうです。

 

つまり、ごちそうをたらふく食べると、ただの栄養処理屋になってしまい、すごくたくさん食べている人ほど、すぐ病気になるし、すぐ風邪をひくというわけらしいです。

 

逆に、飢餓状態になったときはどうなるか?漂流して食べるものがない場合など、自分の体の構成成分を栄養に変えるのです。漂流して10日後とか20日後の人は、筋肉や骨が細くなったりする。その後、何が起こるかというと、栄養が枯渇した際に最初に影響するのは、まず老廃物を食べて、ポリープを食べて、シミを食べて、ガン細胞を食べる・・・。無駄なものから食べてエネルギーに変えるということらしいです。

そういう無駄なものから食べて処理し、エネルギーに変えることで、ポリープが消える、ガンが治る、ということが起こる。しかし、そういう無駄なものを処理してもなおかつ飢餓状態が続くと、今度は筋肉を食べたり、骨を食べたりします。

 

◆たんぱく質を減らせばガンもマラリアも逃げていく
安保先生は、少食の問題を科学的に解明しようと思い、過去にやった実験があります。最初にたんぱく質を減らす実験を始めたわけです。

実験に使うマウスは通常、25%のたんぱく質の入ったエサで飼育するのですが、たんぱく質の割合を10%、5%、0%に減らして免疫力がどう変化するのかを調べました。すると驚くことに、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、免疫力が上がっていくことがわかったのです。

今、地球上で最もかかる人が多く、死亡する人の数も多い病気は、開発途上国ではマラリア。マラリアは感染者がおよそ2億人、年間死亡者数が300万人。

一方、先進国ではガン。ガンも全世界で見れば年間の死亡者数がおよそ300万人くらい。このマラリアとガンに対して、マウスがどういう抵抗性を示すのかを調べてみました。マラリアは致死株を、ガンも確実に死に至るレベルのガン細胞を植えて、実験しました。

結論からいうと、低たんぱく食のエサにしたら抵抗力が強くなっていくことがわかりました。それも、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、抵抗力が強くなっていく。たんぱく質の割合を5%、0%まで減らしたら、全部のマウスが生き延びた。さらには、ガンも転移が消滅していた。

◆超少食者の腸の中では草食動物と同じ作用が働いている?
腸はすごく再生が速いのですが、再生して最後は脱落していく。ですから、便の中には腸の脱落細胞が大量にある。したがって、あまりご飯を食べなくても便が出るという状況はあるところまでは続く。

ところが、北海道大学医学部の解剖学教室の岩永敏彦先生が、「草食動物はほとんど、脱落する腸が腸管上皮にいるマクロファージに食べられて再利用されている」という英語の論文を出したのです。

おそらく、私たちが飢餓状態になると、無駄に体の老廃物を捨てるということをやめちゃうわけです。一つの無駄もなく再利用して、あとは消化管に棲みついた腸内細菌を栄養にして、不足分をまかなって生き続けるのではないかと思っているようです。

安保先生は、がんは必ず治ると言い切っています。本当に完治したいのならば、金儲け目的の医者を頼るより正しい決断だと思います。

小さい頃は、大きくなるためにたくさん食べなさい。と言われていましたが、成長期以降は、余分な栄養を取らないようにするのが良いのかもしれませんね。

毎日炭酸泉浴をすることで、副交感神経が働くだけでなく、各細胞にさまざまな効果効能が表れます。薬を使わないで健康にするのは、栄養のあるものを最低限の量を食べて、毎日炭酸泉浴をし、良い睡眠をとることだと思います。

家族全員の健康管理のために、今出来ることを実施していくことをおススメします。

 

安保先生のご冥福をお祈りします。今後も安保先生の記事を、命を狙われない程度で、投稿して行きますのでよろしくお願いします。

炭酸泉レンタルはこちら

関連記事

  1. 炭酸泉はこんなに大活躍【マンガ】

  2. 炭酸泉との出会い【マンガ】

  3. 炭酸泉の効果を週刊誌が紹介しています

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。